FACEEリキッドセラムプラスの卵殻膜エキスとは?

『赤ちゃんのお肌は、なんであんなにぷるぷるなの?』





そう思ったことはありませんか?あの赤ちゃんのぷるぷるお肌はV型コラーゲンによるものです。


お肌の皮膚は表面にある表皮とその奥にある真皮に分かれています。その真皮に含まれるコラーゲン繊維はコラーゲンはコラーゲンでも、2種類のコラーゲンから成り立っており、T型コラーゲンと、V型コラーゲンという2種類のコラーゲンから成り立っているのです。


なので、肌の奥にある真皮のコラーゲンが減少するとお肌のハリがなくなり肌表面の表皮部分にシワがおおくなります。


じつは、加齢にともないこの2種類のうちのV型コラーゲンが、T型にくらべ急速に減少することがわかっています。そのため30代、40代と年齢を重ねるにしたがって、V型コラーゲンの量が減少し、お肌のぷるぷる感がなくなるのです。





V型コラーゲンはお肌のハリや弾力を決めるのに重要な成分で、これが減少することで、赤ちゃんのようなぷるぷるお肌はどこかにいってしまい、カサカサに乾燥した『オバ顔』に近づいていくのです。


嫌ですよね。『オバ顔』


FACEEリキッドセラムプラスでは、成分としてヒト幹細胞エキスやノーベル賞受賞成分であるEGFを配合するだけでなく、この肌のハリや弾力をきめるV型コラーゲンを多く含む卵殻膜エキスを配合しているのです。


しかし、卵殻膜エキスって結局、『卵の皮ですよね?』


っておもっていましたが、よく調べると、東京大学の跡見順子名誉教授グループが開発したエキスとなっていて、テレビでも紹介されていたことがわかりました。


さらに、江戸時代くらいから、お相撲さんのあいだでは、『天然の絆創膏』としてつかわれていて、傷の治りがはやいことで知られています。


卵殻膜はこういったことで、昔から使用されているものでもありますが、化粧品としては最近注目されているといったところから、古くて新しい成分といえます。


『オバ顔』になりたくないなら、メラニンなどに対するシミ対策だけでなくこういった顔のぷるぷる感重視のために、卵殻膜エキスなどを取ることが重要ですね。


ぷるぷるになればハリもでて小じわもなくなります♪


↓↓とにかく、卵殻膜エキスも配合するFACEEリキッドセラムプラスを試してみる?↓↓











 

サイトマップ